ドアの交換で防犯面強化~気になる自宅と企業を守る方法~

ドア

家を守る防犯対策

一般化するホームセキュリティ

ドア

もしものための対策として行うものですが、一戸建ての場合には、泥棒の被害が多いため、ホームセキュリティを導入していれば、安心して生活することができます。マンションに比べると、圧倒的に一戸建ての方が泥棒の被害が多く、店舗などのビジネスの場よりも一般の住宅の方が被害を受ける可能性が高いのが現状です。そのため、最近では、お金持ちだけでなく、一般の家庭でもホームセキュリティサービスを取り入れるところが増えています。それどころか、新しくできた住宅地などでは、地域全体でホームセキュリティサービスを導入することで、費用負担を減らす事例もあります。

警備員の派遣までの時間

警備会社のホームセキュリティサービスが人気があるのは、何と言っても、もしもの時に、警備のプロが駆けつけてくれるということです。一般の人にとって、泥棒というのは怖い存在です。ひ弱な泥棒であっても、面と向かうと、戦うことは困難です。異常が発生した時に、警備員が駆け付けてくれれば、そういう点ではかなり安心できます。ただ、警備会社からの派遣は25分以内とされており、実際には警備員が間に合わないことがあるのも事実です。そのため、もしもの時に、警備員がどれくらいで住宅まで来てくれるのか、警備会社とよく詰めておく必要があります。ただ、仮に警備員が間に合わなかったとしても、警備員が来る可能性があるというだけでも十分に抑止力があります。