ドアの交換で防犯面強化~気になる自宅と企業を守る方法~

ガードマン

専門業者に頼ろう

作業員

防犯カメラを設置する人がどんどんと増えてきていて人気になっています。カメラの設置は簡単ではなく難しいからこそ業者にお願いすることが一番です。スムーズに問題解決を行なってくれます。

Read More...

企業を守る警備会社

セキュリティ

ほとんどの企業は警備会社と契約をしてセキュリティの強化に努めています。現金が盗まれたり機密が漏れたりするのを防ぐことができるので警備会社との契約はしっかりと行なっておきましょう。

Read More...

警備を強化したい

会社の安全性を守るためにも警備会社で警備員を雇いましょう。一名から依頼をすることができます。必要に応じて人数を選択しましょう。

借り倉庫の警備を外部に委託

鍵

会社で借りている外部倉庫があるのですが、規模もそれなりに大きく、また商品を保管している倉庫にもなるため当然の事ながら警備システムが必要になってきます。そこで会社では外部の警備会社へその警備管理を委託していますが、一度この倉庫に訪れた時、解錠の方法を間違えてしまい警備会社が飛んで来る事態を経験したところ、会社近くにある管理組合の警備よりも、更にシステムがきっちりいている印象だと感じました。理由はやはり警報がなってから、一報の連絡と実際に現場まで来るスピードが速いからです。やはり警備会社である以上はそれぐらいの迅速さは必要ですし、特に時間というのはとても大切で、数秒、数分無駄にするだけで大きな問題に発展する可能性もあるため、外部の警備会社はやはり仕事内容が優良で感心しました。

会社付近にある組合管理では

会社の近くにある企業団地一体を管理している組合センターみたいなものがあります。運営内容として各企業の建物の設備保守をメインに、日々メンテ作業を行ってもらったり、また夜も警備員を何名か置き、見回り点検もしている様です。ただ、一つ腑に落ちない点というのがあり、それは何か緊急の出来事があった時の対処が迅速に出来るのかという点です。理由としては火災報知機等の設備はあるものの、勤めている会社だけに限らず他の会社でも施錠に関わる警備システムが無いからです。全て主導で鍵を掛けるタイプですので、いくら近くに組合管理があっても、人知れず侵入されるケースがあれば、それを発覚させるのが難しいと思われるからです。そういった問題点を考えると警備会社はまた更に警備のレベルが違うものだと感じました。

住宅設備の強化

警備会社などに依頼するのも重要ですが、最近ではドアなども防犯に強いものが登場しているので、住宅設備であるドアの交換などを行なってみるのも良いかもしれません。

空き巣による被害に遭わないためにも防犯カメラの設置が必要です。カメラの種類によって機能は変わってきます。

家を守る防犯対策

ドア

住宅におけるホームセキュリティサービスは、多くの大手警備会社で行っています。近年ではホームセキュリティサービスのCMなども行なわれる様になったので比較的知っている方は多いでしょう。

Read More...